ブラックフライデーの広告

ブラックフライデーの広告

今年のブラックフライデーは11月29日(金)です。ただ最近は早めにセールを始めるオンラインストアが増えています。 アメリカのお店のブラックフライデー用広告を集めたサイトが、TheBlackFriday.comです。すでに、ベストバイ、コストコ、ターゲット、マクロソフトなど大手のブラックうフライデー広告を見ることができます。 TheBlackFriday.comの見方と、そこからお店のサイトへ行き、輸入代行依頼の方法を解説します。 TheBlackFriday.comへ 輸入代行アプリ内のブラウザでTheBlackFriday.comへアクセスします。PRIVACY POLICY を消して下の方へ、 広告をクリック ページの下の方へ行くと広告のリストとお店のロゴがあります。希望のお店のロゴをタップしてください。 Most Popular Black Friday Ads 2019 (最も人気のある広告) Latest Black Friday Ads 2019 (最新の広告) Latest Toy Catalog / Holiday Catalog 2019 (最新のおもちゃカタログ) Most Popular Black Friday Ads (最も人気のある広告) More Black Friday 2019 Ads to be Posted (これから掲載予定の広告) お店へリンク 広告ページの上方にある「Shop now」ボタンを押すとそのお店へ行きます。 輸入代行依頼 輸入代行を頼みたい商品ページでカメラをタップし見積り依頼。

アメリカのセキュリティカメラ

アメリカのセキュリティカメラ

IoTやスマートホームのジャンルで最近依頼が多い商品はセキュリティカメラです。アメリカで代表的なブランドは以下のようなものがあります。 Canary Nest (Google) Arlo (Netgear) Ring USバイヤーのオフィス/倉庫にも最近 Ringを設置しました。設置はめちゃくちゃ簡単でした。昔まだネットワークカメラが出始めたころ買いましたが、IPアドレスなどの設定がうまくいかずまったく使えなかった経験があるのでRingの設置の簡単さは感動的でした。 Ringを選んだのは、まず録画の保存期間が長かったこと。どのブランドも録画をクラウドに保管するにはサブスクリプション(月額制)を申し込む必要がありますがRingは月額10ドルで60日間保管されます。 またビジネス用のアラームなどの器具やサービスも充実しているのも選んだ理由です。GoogleのNestはどちらかというと住宅用のサービスです。 どれもアメリカのシステムなので日本で使うとなると一部機能が制限されると思います。例えば設置する住所を登録してそのあたりの治安状況を確認できるサービスなど。できれば実際に日本で使われている方のブログ等を探して購入前に確認した方がいいかもしれません。 商品はそれぞれのサイトやBestBuyなどで売られています。輸入代行はUSバイヤーアプリをご利用ください。

Xeon W-3175Xをアメリカから輸入する

Xeon W-3175Xをアメリカから輸入する

インテルのサーバー用CPU Xeon W-3175Xの輸入代行依頼が何件かありました。 アメリカでの価格は3,000ドルくらいになります。手数料や送料を加えると日本での価格とあまり変わりません。 新品だと以下のようなお店で売られています。これらのお店ではマザーボードなど他のパーツも入手できるはずです。 AmazonやeBayにもありますが、中古だったり不具合があるかなど、高額商品なので少し心配です。 NewEgg.com ServerSupply WalMart NothingButSavings NextWarehouse 輸入代行アプリ内のブラウザで見ればその場で輸入代行の見積り依頼ができます。

アメリカのクラフトビールを個人輸入する

アメリカのクラフトビールを個人輸入する

無数のブルワリーが存在するアメリカには、クラフトビールの個人売買サイトがあります。その MyBeerCollectibles.com から輸入代行依頼が増えています。 輸入代行アプリを使えば簡単。輸入代行してほしい商品のページでカメラをタップすれば見積り依頼完了。見積りが届いたらお支払しあとはアメリカからビールが届くのを待つだけです。

ホールマーク クリスマスオーナメント

ホールマーク クリスマスオーナメント

ホールマーク社の毎年発売されるクリスマスオーナメントはSci-Fiファンが喜ぶキャラクターが多く含まれます。 今年はとうとうブレードランナーが出ました。 ホールマークのクリスマスキープセイクオーナメント、サイエンスフィクションのカタログはこちら。 輸入代行アプリでご購入ください。

VRヘッドセット「Valve Index」を個人輸入する方法

VRヘッドセット「Valve Index」を個人輸入する方法

世界最大のPC向けゲーム配信プラットフォーム Steamを運営しているValve社のVRヘッドセットIndexがアメリカのオフィシャルサイトですぐに購入できる状態です。 輸入代行アプリUSバイヤーを使い安心安全に商品輸入する方法を紹介します。 アプリを起動しSTEAM VALVE INDEXのページへ行きます。希望商品の「詳細」をタップします。以下の商品があります。 VALVE INDEX VR KIT $999.00 VALVE INDEX HEADSET + CONTROLLERS $749.00 VALVE INDEX HEADSET $499.00 VALVE INDEX CONTROLLERS $279.00 VALVE INDEX BASE STATION $149.00 見積りができるとメニューの注文履歴より見ることができます。見積り了承しお支払い後発注となります。 商品は2,3週間で届きます。