輸入代行サービスご利用例 輸入代行アプリの活用方法をご紹介

米国アマゾンから個人輸入

アメリカのアマゾンで出品されている商品の多くは、日本から注文、日本へ発送できます。 ただ、自分で注文するのが面倒、よくわからないなどの場合はUSバイヤーをご利用ください。 ちなみに日本のアマゾンのIDは、アメリカのアマゾンでは使えません。 以下USバイヤーのアプリで輸入代行を依頼する手続きです。 (1)アプリを開き、www.amazon.comへ行きます。 (2) 商品を検索。今回はエスプレッソコーヒーメーカーを検索。現在、アメリカのアマゾンで一番人気は、「Mr. Coffee ECM160 4-Cup Steam Espresso Machine」です。 (3) カメラアイコンをタップすると、商品額、連絡事項を入力する欄が現れますので、29.99ドルと入れて「見積もり」をタップします。 (4) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (5) 1営業日で見積書が届きます。delivery@hiveage.com から送信されますので、迷惑メールに入らないようにご注意ください。今回は米国アマゾンから直接送られてきて送料等を含め総額69.83ドル(約7,680円)となりました。届くのに9 – 14日かかります。 Easy Assisted Purchase Service. Download App! ↓

家電量販店ベスト・バイで注文

アメリカで一番大きい家電量販店がベスト・バイです。 アメリカ国内に発送先住所があれば海外からの注文も受けると書かれていますが、転送業者の発送先住所は使えないとも書かれています。 実際、ここはセキュリティが厳しいのでアメリカ内からの注文でもキャンセルされることが多いです。 USバイヤーでは、店頭受け取りなどの方法で注文キャンセルされないよう手続きしております。 USバイヤーアプリを使い注文代行依頼する方法です。 (1)アプリをスタートしbestbuy.comへ行きます。 (2) 商品検索する。今回はTOSHIBAのラップトップを探してみます。アメリカの家電量販店へ行くとPCは、LENOVO, ASUS, DELLなどがメインでTOSHIBAは唯一の日本ブランドです。 TOSHIBAの事件でイメージが悪いかもしれませんが、その分他社よりも安いように思います。さらにBest Buy限定品だと同じスペックの他社ブランドより割安感が増します。 (3) カメラアイコンをタップすると、商品額、連絡事項を入力する欄が現れますので、入力して「見積もり」をタップ。 (4) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (5) 1営業日で見積書が届きます。お支払後、発注、USバイヤーに到着、お客様へ発送となります。約2週間でお客様の元に届きます。 Easy Assisted Purchase Service. Download App! ↓

eBay日替わりセール

eBay Daily DealsはeBayの日替わりセールです。USバイヤーのアプリで個人輸入代行を依頼します。 (1)USバイヤーアプリを起動しアプリ内のブラウザのアドレスバーに「http://www.ebay.com」と書いてebayへ。Daily Deals が一番上に出ますので “See all”をタップして商品をブラウズします。 (2) 今回は、iPhone 5C 16GBの注文代行を依頼します。 メモに”This is a B+ Stock item, meaning unit is in good cosmetic condition and may have minor scrapes or scratches since it’s been handled. Factory unlocked – It will work with a SIM card from any GSM Network worldwide. This is not a […]

アメリカのVans.comでSK8-Hiを注文

Vans.comはアメリカ外に発送しないため注文代行サービスが必要です。またここはチェックが厳しく、注文商品数が多くて再販目的を疑われたり、転送業者の住所を使ったりするとすぐに注文キャンセルされます。US Buyerではキャンセルされない方法で注文していますので、量が多くても大丈夫です。 アプリから代行見積もり依頼の方法を説明します。 (1)アプリを起動し、アドレスバーに”http://www.vans.com”と書いてvans.comへ行きます。 (2) 希望商品を探してください。”ONLINE ONLY”と書かれているのはオンラインショップ限定商品です。 (3) 色やサイズを選択するのを忘れずにお願いします。複数商品ご希望の場合は、ショッピングカートに入れて最後にカートの写真を送ってください。 (4) カメラアイコンをタップすると、商品額、連絡事項を入力する欄が現れますので記入し「見積もり (Quote request)」をタップします。 (5) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (6) 1営業日で見積書が届きます。了承でしたら、お支払 → 発注 → お客様へ発送 となります。約2週間でお手元にとどきます。 Easy Assisted Purchase Service. Download App! ↓

ポッシュマーク(Poshmark)出品アイテムを購入する方法

アメリカのフリマアプリで有名なところはPoshmarkとメルカリになります。両方ともアプリがなくても商品閲覧ができます。Poshmarkはアプリ無しで購入もできます。 ただアメリカ以外へ発送はしないので、USバイヤーの輸入代行サービスで商品購入します。 USバイヤーアプリを使って輸入代行を依頼する方法を説明します。 (1) USバイヤーアプリを起動しアプリ内のブラウザのアドレスバーに「poshmark」と書いて検索。 (2) 一番上にPoshmarkが出るのでタップ。 (3) Poshmarkのホームページ。下の方へ行くとブランド名やカテゴリーのリンクがあります。 アプリをダウンロードしろとかサインアップしろとずっと出るので、見ずらい場合はとりあえずFacebook等でログインしてしまいましょう。 (4) See All Brandsをタップして全てのブランドを見ます。 (5) 今回はステラマッカートニー(Stella McCartney)を検索。 「Filters」をタップしてカテゴリー、値段、コンディションを選択することができます。 (6) 希望商品のページでカメラアイコンをタップします。商品価格と連絡事項を記入するフォームが現れます。 今回は50ドルのiPhoneケースの注文代行を依頼します。ポッシュマークはフリマアプリなので、ほとんどは中古品です。 「見積もり」をタップするとメールプログラムが起動します。 (7) 商品ページURL、お客様情報、キャプチャした画像を含んだメールが作成されますので、それを送信して見積もり完了。 (9) 1営業日で見積書が届きます。日本への送料を含め総額85.11ドル(約9,362円)となりました。関税等は別です。 アメリカで購入したiPhone SEが日本で使えるかどうかについてこちらのサイトが参考になりました。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓

アメリカのアップルストアからiPhone SEを購入

iPhone SEは4月上旬に注文したものが今届いております。 今注文すると2、3週間後に発送というメッセージがでます。 USバイヤーアプリを使って輸入代行を依頼する方法を説明します。 (1)USバイヤーアプリを起動しアプリ内のブラウザのアドレスバーに「apple usa」と書いて検索。 (2) 一番上にAppleが出るのでタップ。 (3)iPhone SEのページで右上の「Buy」をタップ。 (4)色とStorageを選択。日本からの輸入代行ではRose Goldが一番人気です。 (5)Wireless CarrierはSIM Freeを選択。 Sprint版には技適マークがついているという話があり、Sprintをご希望される方がいますが、Sprintと契約しないといけないため無理です。 (6) 選択したら、カメラアイコンをタップします。商品価格と連絡事項を記入するフォームが現れます。 ストーレジを64GBにすると499ドルになります。 「見積もり」をタップするとメールプログラムが起動します。 (7) 商品ページURL、お客様情報、キャプチャした画像を含んだメールが作成されますので、それを送信して見積もり完了。 (9) 1営業日で見積書が届きます。日本への送料を含め総額598.01ドル(約66,977円)となりました。関税等は別です。 アメリカで購入したiPhone SEが日本で使えるかどうかについてこちらのサイトが参考になりました。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓