輸入代行サービスご利用例 輸入代行アプリの活用方法をご紹介

iPhone SE 入荷状況

アメリカのアップルストアで、4月29日に注文したiPhone SEが5月18日に届きました。 今注文すると、「Available to ship:2-3 weeks」と出るので6月中旬に届くはずです。

スニーカー専門マーケットプレイス Flight Clubから輸入の代行を依頼する

Flight Clubはスニーカー専門の委託販売店です。ニューヨークとロスにお店があります。 スニーカーをネットで購入すると、商品が届かない、偽物などのトラブルが多いですが、ここは信用があるので安心です。 輸入代行アプリから購入代行を依頼する方法を紹介します。 (1) アプリ内のブラウザのアドレスバーに http://www.flightclub.com と記入しタップ。 (2) 左側メニューで商品検索。キーワードは英語で。 (3)サイズ選択を忘れずに。サイズで数字の後にYがついているのはティーンエイジサイズ(“Y”=Youth)の意味です。 (4) 依頼する商品が決まったらカメラをタップして商品ページを撮影します。商品価格と連絡事項を記入し「見積もり」をタップ。 (5) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (7) 1営業日で見積書が届きます。250ドルのエアモアアップテンポ(Air More Uptempo)を購入するのに合計368.37ドル(約40,520円)となりました。内訳は、消費代$250.00、アメリカ内送料$13.95、日本への送料$66.92、代行手数料$37.50です。関税等は含まれません。 スニーカーは一部でも革が使われていると税関で価格の30%か4300円の高い方が関税でかかります。郵便で送ると関税がかけられないで通関することがある(保証はしませんが)ので日本への発送は郵便を使います。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓

Reverbからエフェクターを輸入

リバーブドットコムは楽器や機材のマーケットプレイスです。最近ここで購入代行依頼が増えています。 今回は、入手が難しいスウェーデンのエフェクターブランド、BJF Electronics(BJFE)を探してみます。 (1) アドレスバーに http://www.reverb.com と入力してタップ。 (2) BJFEで検索。12点検索されました。リトルグリーンワンダー(Little Green Wonder)を選択。 (3)商品紹介のビデオがついています。また翻訳アイコンをタップすると日本語で商品説明を読めます。 (4) カメラをタップして商品ページを撮影します。商品価格と連絡事項を記入し「見積もり」をタップ。 (5) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (6) 1営業日で見積書が届きます。delivery@hiveage.com から届きますので、迷惑メールに入らないようご注意ください。今回は、合計717.21ドル(約78,893円)となりました。内訳は、商品代$599.00、日本への送料$28.36、代行手数料$89.85。関税等はこれには含まれませんので、かかった場合は配達時にヤマトへおお支払となります。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓

水の上を歩くボード、ホビー社ミラージュエクリプス

スタンドアップパドルボードやカヤックのメーカー、ホビー社が開発した初心者でも簡単に乗れるミラージュエクリプス。日本で入手が難しいので、直接アメリカから輸入できるか、輸入代行アプリUSバイヤーで輸入代行依頼してみます。 (1) アプリ内のブラウザーのアドレスバーにwww.hobiecat.comと入力し直接メーカーのサイトへ行きます。 (2) 「Stand Ups」下の「Mirage Eclipse」をクリック。サイズは10-5 (3.2m)と12-0 (3.66m)の2種類、色はSolar YellowとLunar Blueの2種類あります。 このサイトから直接購入はできず、ディラーを探さないといけないようです。 (3)とりあえず見積もりだけでも依頼するため、カメラをタップして商品価格(とりあえず0)と連絡事項を記入し「見積もり」をタップします。 (4) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (5) 1営業日で見積書が届きます。delivery@hiveage.com から届きますので、迷惑メールに入らないようご注意ください。 USバイヤーからの連絡によると、価格は2,499.00ドル。今品切れ状態で入荷は9月以降になるということです。日本までの送料は船便を利用で1,500 から2,000ドルかかります。9月に入庫したとして、船便で送ると手元に届くのは11月、12月になってしまうので、それでも購入を進めますか?ということでした。 日本で正規代理店が輸入すると、もっと早く安く入手できるかもしれないので一応検討された方がよいのではということ。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓

モバイルデスクトップ インフォーカス カンガルー

iPadにつなげてウィンドウズ10マシンにしてしまうInfocus Kangaroo。 今回はUSB3.0 RJ45 USB2.0がついたドッキングベース付のKangaroo Proの輸入です。 (1) 左下のお気に入りアイコン(星印)の中からGoogleショッピングをタップし、「Kangaroo pc」で検索。 (2) 青い「ショップへ」ボタンをタップしInfocus直営のストアへ。Kangarooが売られているのは、こことマイクロソフトストアとNewEggくらいです。 (3)Infocusの直営ストア。翻訳アイコンをタップすると日本語で商品説明を読めます。 (4) カメラをタップして商品ページを撮影します。商品価格と連絡事項を記入し「見積もり」をタップ。 (5) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (6) 1営業日で見積書が届きます。delivery@hiveage.com から届きますので、迷惑メールに入らないようご注意ください。今回は、合計254.59ドル(約27,750円)となりました。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓

コールマンのクーラーボックスの個人輸入

この時期になるとクーラーボックスやバーベキューグリルの注文代行依頼が増えてきます。 特にコールマン社の商品は人気があります。 クーラーボックスやバーベキューグリルの輸入は、食品衛生法がかかわってくるので注意が必要です。基本的に、 個人使用目的 重量10Kまで となります。バーベキューグリルで10Kg超える場合がありますが、1点で10Kg超えてしまう場合は発送できます。 USバイヤーアプリから輸入代行を依頼する方法を説明します。 (1) Googleショッピングで「Coleman cooler」で検索。左下のお気に入りアイコン(星印)の中にGoogleショッピングのリンクがあります。 (2) 一番上に出てくる「Coleman 54 qt. Steel Belted Cooler, Green」が人気があります。54QTは約51リットル。サイズは約65 x 45 x 44cmのクーラーボックスです。 (3)青い「ショップへ」ボタンをタップすると、ショップリストの一番上にあるJet.comへ行きます。Jet.comは少し複雑なので、今回は3番目のWalmartへ行きます。 (4) Walmartのサイト。翻訳アイコンをクリックすると日本語で商品説明を読めます。 (5) 依頼する商品が決まったらカメラをタップして商品ページを撮影します。商品価格と連絡事項を記入し「見積もり」をタップ。 (6) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 (7) 1営業日で見積書が届きます。今回は、合計166.57ドル(約18,322円)となりました。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓