Appleの新商品2020

Appleの新商品2020

今日9月15日、アップルのイベントがありました。今年はオンラインで行われたこのイベントで新しいハードウエア、ソフトウエア、サービスがいくつか発表されました。 新しいハードウエアは4つ ハードウエアに関して言えばアップルウォッチとiPad、各2種類ずつ、合計4つの新商品が発表されました。それらを紹介します。 アメリカのアップルストアでの商品購入代行は輸入代行アプリをご利用ください。 商品名 新機能 価格 発売日 アップルウォッチ 6 血中酸素量を測定できる。心電図をみれる。 $399~ 10月 アップルウォッチ SE 廉価版アップルウォッチ大きくなったRetinaディスプレイ $279~ 9月18日 iPad 第8世代 新しいA12 Bionicチップアップルペンシルとスマートキーボードをサポート 32GB $309128GB $409 9月18日 新 iPad Air 新しいA14 Bionicチップオールスクリーンデザインマジックキーボードをサポート5色あり 64GB $549256GB $699 10月 今日発表されたハードウエア 個人輸入するといくらかかるの? これらの商品をアメリカから個人輸入するといくらかかるか、目安の金額を紹介します。 この金額には、商品代、購入費用、送料、輸入関税、手数料が含まれます。 アップルウォッチ 6 $399のもの 59,240円 アップルウォッチ SE $279のもの 42,540円 iPad 第8世代 $309のもの 47,396円 新 iPad Air $549のもの 81,205円

米国AppleストアからiPhone Xsを取り寄せる方法

米国AppleストアからiPhone Xsを取り寄せる方法

9/21(金)に発売されるiPhone Xsですが機種によってはアメリカのアップルストアから取り寄せた方が早い場合があります。今注文すると10/2 – 10の間に発送されると表示されます。 アメリカのアップルストアは日本へ直接発送しないので注文代行サービスが必要です。USバイヤーアプリ”USバイヤー”を使えばアメリカのApple.comでオプションを選択していき商品ページをキャプチャしメールするだけで個人輸入の見積り依頼ができます。 今回は最高機種のXS Max 512GBの取り寄せを依頼する方法を紹介しますが、10月発売のXRや値下げしたiPhone 7や8の個人輸入代行にもご利用いただけます。 (1) アプリ内のブラウザでapple.comへ行きます。日本のサイトへ行ってしまったら右下の日本の国旗をタップしUnited Statesに変更します。 最初にXsの写真が出るので「Pre-order」をタップします。 (2) オプションを選択していきます。今回は以下のように選択していきました。Buy without a carrier はSIMフリーのことです。 Max – Buy without a carrier – Gold – 512GB これで1,449ドルになりました。1-2週間で発送と表示されます。 (3) カメラをタップ、商品価格($1449)を入力して見積りボタンをタップします。メールが起動して見積り依頼に必要な情報と画像が含まれたメールが作成されます。それを送信して見積り依頼完了。 「このメッセージのサイズは~」と出たら「大」を選択してください。 (4) 1営業日で見積書が届きます。合計金額は215,197円でした。これには全ての費用(商品代、日本への送料、手数料、輸入関税、消費税)が含まれます。 (6) 見積りにご了承いただきましたら、ページ上の「支払う」をクリックし支払いページへ。クレジットカードかPayPalでお支払いいただけます。 商品は約2週間でお手元に届きます。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓

アメリカのアップルストアからiPhone 8 (PRODUCT)RED™ を購入

アメリカのアップルストアからiPhone 8 (PRODUCT)RED™ を購入

iPhone 8 (PRODUCT)RED™はアップルとチャリティー団体(RED)とのコラボ商品です。 アメリカのアップルストアでの注文代行をUSバイヤーアプリに依頼する方法です。 (1) アプリ内のブラウザでApple.comへ行きます。日本のサイトへ行ったら「ほかの国または…」をタップしUnited Statesを選択します。 (2) iPhone8のページへ行きオプションを選択していきます。 今回はキャリアはSIM-free、色は(PRODUCT)RED、メモリは256GBを選択しました。 (3) カメラアイコンをタップし画面の画像を作成します。 メールが起動して見積り依頼に必要な情報と画像が含まれたメールが作成されます。それを送信して見積り依頼完了。 (4) 1営業日で見積書が届きます。これには全ての費用(商品代、日本への送料、手数料、輸入関税、消費税)が含まれます。 (5) 見積りにご了承いただきましたら、ページ上の「支払う」をクリックし支払いページへ。クレジットカードかPayPalでお支払いいただけます。 商品は約2週間でお手元に届きます。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓

iPhone X SIMフリーが出ました!

アメリカのアップルストアでiPhone XのSIMフリーがでました。 輸入代行で送料や関税等すべての費用を含めて約17万円になります。

iPhone SE をアメリカから個人輸入

  iPhone SEは引き続きアメリカのアップルストアで購入できます。 日本のお客様からの輸入代行依頼はモデル番号A1723の依頼がほとんどです。これはアメリカではスプリント版。 価格は、例えば最近代行注文したスペースグレイ、128GBで68,129円でした(送料、輸入関税、手数料すべて込み)。 iPhone SEの輸入代行依頼は輸入代行アプリからお送りいただけます。

iPhone SEモデルA1723をアメリカのアップルストアから購入する方法

iPhone SEは3種類のモデルがあります。 A1662 (アメリカ) A1723 (その他の国) A1724 (中国) 日本で使えるのはA1723です。アメリカではスプリントがA1723となります。 A1723はアメリカのApple.comでオンライン注文できませんが、アップルストアの店頭で購入することができます。そこでusbuyerでは店頭で購入代行するサービスを行っております。 ここでは、輸入代行アプリを使い代行依頼する方法を説明します。 ①アプリ内のブラウザでapple.comへアクセス URLのボックスに http://www.apple.com と入力してGOをタップします。もし日本のサイトへ行ってしまったらページ下の国を「United States」に変更してください。 以下の手順でiPhone SEの購入ページへ行きます。 左上のメニューから「iPhone」タップ → ページ上の「iPhone SE」タップ → 右上の「Buy」ボタンをタップ ②色等を選択 以下を選択してください。 色(Finish) 次の4種から選択してください。 Silver, Gold, Space Gray, Rose Gold 今回はRose Goldを選択。 メモリー(Capacity) 16GBか64GB 今回は64GBを選択。 電話会社(Carrier) Sprintを選択してください。 ③ページをキャプチャし見積もり依頼送信 カメラアイコンをタップします。価格$449を記入。連絡事項に「Model A1723」と記入してください。 「見積もり」ボタンをタップすると、メールが起動します。送信ボタンをタップして見積もり依頼を送信します。画像サイズを小さくしますか?とでたら「大」を選択してください。 ④見積書受信 1営業日中に見積書を作成し送信いたします。見積書は” delivery@hiveage.com”から送信されてきますので迷惑メールに入らないようご注意ください。 今回は、合計541.04ドルとなりました(約57,350円)。これには、商品代($449)、日本への送料($24.69)、手数料($67.35)が含まれます。日本に輸入時に関税がかかった場合は別となります。 関税・消費税について 携帯電話の関税率は0ですが、消費税はかかってきます。個人使用ですので、商品価格の60%に対して8%の税率がかかるので、約4,600円になります。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓