ハーレーダビッドソン 本家アメリカのサイトから母の日のギフトを輸入する

日本からアメリカのHarley-Davidson.com で注文することは難しく、サイトにアクセスしようとすると日本のサイトへ移ってしまいサイトも見れない状況です。 ここでは、日本から本家アメリカのサイトへアクセスして、輸入代行をUSバイヤーに依頼する方法を説明します。 HDのショッピングサイトはモバイル対応していなくスマホからだと見にくいので、iPadでUSバイヤーの輸入代行アプリを使います。 (1)USバイヤーアプリを起動しアプリ内のブラウザのアドレスバーに「harley usa site」と書いて検索。 (2) 一番上にHarley-Davidsonが出ます。ここで、タイトルの「Harley-Davidson」をタップすると日本のサイトへ移動してしまいます。 その下にある「H-D Online Store」をクリックするとアメリカのハーレーダビッドソンストアへアクセスできます。 (3)ホームページでは母の日ギフトが特集されています。ハーレーストアでの注文代行はパーツやレザージャケットがほとんどで、母の日のギフトはあまり注文したこがありません。 タップしてどんなものが売っているかチェックしてみましょう。 (4)希望商品をショッピングカートに入れていきます。フーディ、ジーンズ、ブレスレットを入れました。アパレル商品はサイズや色を選択してください。 ショッピングカートのページを開き、カメラアイコンをタップして撮影します。 (5)アプリをインストーリして初めてカメラをタップすると、「発送先住所の登録が必要です」とメッセージが出ます。 右下のメニューをタップし発送先住所を入力してください。 (6) メニュー内の「発送先住所」をタップして入力してください。 発送先住所は見積もり作成に必要となります。 (7) 発送先住所を入力したら「保存」をタップ – メニューの「閉じる」をタップしブラウザに戻ります。 再度カメラアイコンをタップすると、商品額、連絡事項を入力する欄が現れます。 今回商品合計額は230ドルなので、230と入力すると日本円での概算額(25698円)が表示されます。連絡事項には一応サイズを書いておきます(フーディはXS、ジーンズは8)。「見積もり」をタップします。 (8) メールが起動してお客様情報、商品情報、画像が含まれたメールが自動作成されます。それを送信して見積もり依頼完了となります。 再度カメラアイコンをタップすると、商品額、連絡事項を入力する欄が現れます。 今回商品合計額は230ドルなので、230と入力すると日本円での概算額(25698円)が表示されます。連絡事項には一応サイズを書いておきます(フーディはXS、ジーンズは8)。「見積もり」をタップします。 (9) 1営業日で見積書が届きます。日本への送料を含め総額309.81ドル(約37,389円)となりました。関税等は別です。 スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓